全国障害者スポーツ大会
関東ブロック地区予選会

目次

大会概要

【大会名】
第22回全国障害者スポーツ大会関東ブロック地区予選会

下記競技に埼玉県チームが出場します。

【競技、日程、会場】
<バスケットボール(知的)>
 令和4年5月21日(土)~22日(日)
 栃木県 日環アリーナ栃木メインアリーナ

<車いすバスケットボール>
 令和4年5月21日(土)~22日(日)
 栃木県 栃木県立県南体育館

<ソフトボール>
 令和4年5月21日(土)~22日(日)
 栃木県 美原公園野球場・第2球場

<バレーボール(聴覚)>
 令和4年5月21日(土)~22日(日)
 栃木県 宇都宮市清原体育館

<バレーボール(知的)>
 令和4年5月21日(土)~22日(日)
 栃木県 宇都宮市体育館

<バレーボール(精神)>
 令和4年5月21日(土)~22日(日)
 栃木県 佐野市アリーナたぬま

<サッカー>
 令和4年5月21日(土)~22日(日)
 栃木県 真岡市総合運動公園陸上競技場・運動広場1

<フットベースボール>
 令和4年5月22日(日)
 栃木県 足利市総合運動場硬式野球場・軟式野球場

<グランドソフトボール>
 令和4年5月29日(日)
 埼玉県 久喜市総合運動公園多目的広場 

種目の紹介・解説

サッカー

知的障がいのある選手が、男女を問わず競技を行います。1チーム16名以内の選手で構成され、競技は11名以下で行います。 競技時間はハーフタイム10分をはさんで、前後半各30分。ルールは一般のサッカーと同じです。

ソフトボール

知的障がいのある選手が、男女を問わず競技を行います。1チーム15名以内で構成され、競技は9名で行います。 一般のソフトボールのルールとほぼ同じですが、盗塁やスクイズは認められず、振り逃げ規定も適用されません。

フットベースボール

知的障がいのある選手が、男女を問わず競技を行います。1チーム15名以内で構成され、競技は9名で行います。
一般のソフトボールのルールを基本とし、ゴム製のサッカーボールを使用します。 ピッチャーは両手でボールを転がして投球し、キッカーはそのボールを蹴り走塁します。盗塁は認められず、死球のルールも適用されません。
走者は、走塁中にピッチャーがピッチャーズサークル内でボールを保持した場合は元の塁に戻らなければなりません。

バスケットボール

知的障がいのある選手が、男女別に競技を行います。1チーム12名以内の選手で構成され、競技は5名以下で行います。
ルールは一般のバスケットボールと同じです。

バレーボール(知的・精神・聴覚)

<知的障がい>
知的障がいのある選手が、男女別に競技を行います。1チーム12名以内の選手で構成され、競技は6名以下で行います。 ルールは一般のバレーボールとほぼ同じで、ネットの高さは男子2.30m、女子2.15mです。

<精神障がい>
精神障がいのある選手が、男女混合で競技を行います。1チーム12名以内の選手で構成され、競技は6名以下で行います。
ボールはソフトバレーボールを使用し、ネットの高さは2.24mです。
試合中は少なくとも1名以上の女子プレーヤーが出場していなければなりません。
手のひらを上に広げてのアンダーハンドパスが認められ、サービス後の攻守のポジションはフリーとなります。
<聴覚障がい>
聴覚障がいのある選手が、男女別に競技を行います。1チーム12名以内の選手で構成され、競技は6名以下で行います。
ルールは一般のバレーボールとほぼ同じで、ネットの高さは男子2.43m、女子2.24mです。

車いすバスケットボール

男女混合で競技を行います。1チーム12名以内の選手で構成され、競技は5名以下で行います。 障がいの程度に応じて選手は1.0~4.5の持ち点が決められており、コートでプレーする5名の持ち点合計は14点以下で編成されています。 コートの広さ、リングの高さ、使用するボールは一般のバスケットボールと同じです。 ボールをもったまま2回まで車椅子をこぐことができたり、ダブルドリブルの反則が適用されないことなどが特徴です。

グランドソフトボール

視覚障がいのある選手が、男女を問わず競技を行います。1チーム15名の選手で構成され、競技は10名(常時4名以上の全盲者が出場)で行います。 一般のソフトボールのルールを基本とし、ハンドボールを使用します。 ピッチャーはキャッチャーの手をたたく音を頼りにボールを転がして投球し、バッターはボールの転がる音を頼りにバットで打ちます。 各塁は野手とランナーがぶつからないように走塁用と守備用の2種類のベースが置いてあります。走塁用のベースの外側には走者を言葉や手をたたく音で誘導するコーチャーが付きます。

大会報告